命の起源探る52億キロ はやぶさ2、打ち上げ成功

2014/12/3付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

打ち上げに成功した小惑星探査機「はやぶさ2」は6年かけて小惑星と地球を往復する旅路に出た。移動距離は往復で52億キロ。小惑星で岩石や砂などを採取して、地球に持ち帰る。岩石などに有機物や水が含まれていれば、生命起源の解明につながると期待される。

打ち上げは当初11月30日の予定だったが、強風などの影響を避けるため2度延期となった。打ち上げ成功後の記者会見で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の国中均…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]