熱中症で800人超搬送、1人死亡 各地で猛暑日

2016/7/3 22:53
共有
保存
印刷
その他

 日本列島は3日、高気圧の影響で気温が上昇し、三重県尾鷲市で38.6度を記録するなど、全国42地点で最高気温が35度以上の猛暑日になった。熱中症とみられる症状で搬送されたのは全国で800人を超え、大阪府河内長野市では80代女性1人が死亡した。

 気象庁によると、3日は太平洋高気圧が西日本を広く覆い、南から暖かい空気が入り込んだ。暑い日が続く見通しで、気象庁は、水分をこまめに取るなど熱中症への注意を呼び掛けている。

 各地の最高気温は、群馬県館林市37.5度、山梨県大月市37.3度、埼玉県熊谷市36.8度、静岡市36.6度など。東京都心も35.4度を記録して今年初の猛暑日となった。

 最高気温が30度以上の真夏日は全国929地点のうち、300地点以上に上った。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

猛暑日熱中症

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 2:00
2:00
東京 20日 22:00
20日 21:50
信越 2:00
20日 22:00
東海 2:00
1:31
北陸 20日 21:30
20日 21:30
関西 2:12
2:00
中国 2:00
2:00
四国 1:31
1:31
九州
沖縄
2:00
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報