/

コースターの部品落下、男性けが 那須ハイランドパーク

栃木県那須町の遊園地「那須ハイランドパーク」で2日午後、ジェットコースターのコースから金属製の部品が落下、歩いていた埼玉県秩父市の自営業の男性(42)に当たり、男性が頭部を3針縫うけがをしていたことが3日、分かった。栃木県警が明らかにした。

県警によると、事故は2日午後3時10分ごろに発生。コースターを上昇させるために使うチェーンが切れ、チェーンの板状の部品(長さ約20センチ、幅約5センチ、重さ約1キロ)が地上約14メートルの高さから落下。同約3メートルの高さに張られた落下防止用ネットで弾み、下を歩いていた男性にぶつかった。

遊園地側は「2日朝、点検した際に異常はなかった」としている。

遊園地側は事故直後からこのコースターの運転を中止。3日、事故の経緯を県警に申告した。

同遊園地では2011年5月、別のジェットコースターが急停止し、乗客2人がけがをする事故が起きている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン