/

「わが闘争」8万部超販売 再出版から1年

【ベルリン=共同】ドイツ南部ミュンヘンの「現代史研究所」は4日までに、原文に批判的な注釈を加えて昨年1月に再出版したナチスの独裁者ヒトラーの著書「わが闘争」について、1年間で約8万5千部が販売されたと発表した。学術的内容のため当初は4千部しか発行しなかったが、注文が殺到し増刷を繰り返した。

第2次大戦後、著作権を保有する当局が出版を阻止してきたが、著作権が2015年末に切れて出版が可能になった。

著作権切れでネオナチなどが出版に踏み切ることが懸念されたが、同研究所は批判的注釈を付けた「わが闘争」をいち早く普及させることで、悪用を防ぐことができたとしている。

再出版には一部ユダヤ人団体から懸念の声もあったが、同研究所は、テロや難民大量流入で右派が台頭する時代に「全体主義的イデオロギーがもたらす結果を示した」と出版の意義を強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン