/

この記事は会員限定です

薬剤費 年8兆円 子供の風邪に薬はいらない

「削りしろ」探せ(1)

[有料会員限定]

茨城県守谷市の住宅街の一角にある「もりや小児科医院」には、地元だけでなく、県内各地から患者が訪れる。保護者の支持を集める理由はほかとは少し違った診療方針にある。

風邪をひいた子供は自然に治る――。金子英哲院長(57)は症状や所見から、髄膜炎や肺炎などの危険性がないと判断すると、付き添いの大人に「まず様子を見ましょう」と言って、帰宅させる。

高熱やせきに苦しむ子供の姿をみれば、早く治してあげたいと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り965文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン