/

イーグルス、名曲の商標権侵害と提訴 メキシコのホテル名で

【ロサンゼルス=共同】米人気ロックグループ「イーグルス」は2日までに、メキシコのホテルがグループを代表する1970年代のヒット曲「ホテル・カリフォルニア」のモデルであるかのように営業しているのは商標権の侵害に当たるとして、ホテル側に賠償を求める訴訟を米カリフォルニア州の連邦地裁に起こした。

訴状などによると、メキシコ西部バハカリフォルニアスル州の同ホテルは、50年代にホテル・カリフォルニアの名前で営業していたが、その後名前を変更。2001年にカナダ人経営者が購入し、再びホテル・カリフォルニアと銘打った。

イーグルス側は、ホテルが館内でグループの曲を流し、売店で関連品などを販売したとして、こうした商業活動の停止や、これまでに得た利益の支払いを求めた。

ホテルのウェブサイトは、イーグルスとは関係がないとしている一方、多くの宿泊客が曲の歌詞とホテルの特徴が一致していることに「魅惑される」とも記している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン