/

小池氏、都民ファースト代表辞任 「知事に専念」

都議選から一夜明け、記者の質問に答える小池都知事(3日午前、東京都新宿区)

小池百合子知事は3日午前、都内で記者会見し、「知事に専念する。代表は(当初、代表だった)野田数幹事長に戻したい」と述べ、6月1日から務めていた「都民ファーストの会」の代表の座から3日付で降りることを明らかにした。今後、都民フの別の役職に就くかは検討するという。

地方自治体は首長と議員をそれぞれ選挙で選ぶ「二元代表制」を採用し、相互に権限をチェックする。小池氏が知事と都議会第1党のトップを務めることによって「議会のチェック機能が失われる」との指摘があった。小池氏は「二元代表制でみなさんから懸念があることを想定した」と説明している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン