/

ダリル・スペンサー氏が死去 元プロ野球阪急内野手

ダリル・スペンサー氏(元プロ野球阪急〈現オリックス〉内野手)米カンザス州ウィチタのメディアによると、2日に88歳で死去。

米大リーグ、ジャイアンツなどで活躍し、1964年に阪急に入団。豪打と頭脳プレーで「野球博士」の異名をとった。65年には三冠王に輝いた南海(現ソフトバンク)の野村克也捕手と本塁打王を争った。阪急では通算7年間で731試合に出場して打率2割7分5厘、152本塁打、391打点だった。(ニューヨーク=共同)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン