/

北米最高峰デナリ、3メートル低かった 6191メートルに

【ワシントン=共同】米地質調査所(USGS)は2日、米アラスカ州にある北米大陸最高峰デナリ(マッキンリー)山の標高をあらためて調査した結果、約6191メートル(2万310フィート)だったと発表した。これまでの6194メートル(2万320フィート)より約3メートル低い。

これまでの標高は、1953年の調査による。調査所の担当者は「山が縮んだのではない。技術の進歩でより正確な標高が測量できたためだ」としている。最新の標高は、専門家が6月に山頂まで登山し、全地球測位システム(GPS)を使って割り出した。

調査所によるとデナリ登頂は年間1200人ほどが挑戦するが、成功するのは半分ほど。難しい登山と、最新技術を駆使した努力によって新たな標高が判明したと胸を張っている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン