/

マノエル・ド・オリベイラ氏が死去 ポルトガルの映画監督

マノエル・ド・オリベイラ氏(ポルトガルの映画監督)ロイター通信などによると、ポルトガル北部ポルトの自宅で2日死去、106歳。死因は不明。

1908年、ポルト生まれ。31年に初作品を発表し、70歳代の後半になってから意欲的に作品を発表した。「世界の始まりへの旅」「夜顔」など多くの作品を残した。最近も新作を発表し、現役最高齢の映画監督と呼ばれた。(ロンドン=共同)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン