/

衣料メーカーに4000万円賠償命令 白内障巡る訴訟で地裁

ダウンジャケットのフードを通るゴムひもの先端に取り付けられた樹脂製ストッパーが目に当たり、外傷性白内障になったとして、東京都内の男性が、メーカーに約1億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は3日までに、約4千万円の支払いを命じた。

沢野芳夫裁判長は「ゴムひもが長く、着用者が意図せず顔や目をけがする恐れがあり、製品には構造上の欠陥がある」と指摘。一方で「着用者は、ひもの片側が長くならないよう注意する義務がある」と男性の過失も認めて賠償額を減らした。

判決によると、メーカーはファーストリテイリング傘下の「リンク・セオリー・ジャパン」(山口市)。男性は2012年1月、ポケットから携帯電話を出した際、ひもが右腕か携帯に引っ掛かり、はずみで左目にストッパーが当たって視力が低下した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン