脂質の一種、認知症改善効果 臨床試験で九大など確認

2016/12/2 22:00
共有
保存
印刷
その他

 九州大などの研究チームは、生物の細胞膜に含まれる脂質の一種「プラズマローゲン」を食べ続けることで、認知症の一つであるアルツハイマー病の改善が期待できることを、臨床試験で確認したと明らかにした。

 チームは今回、東京都や大阪府など7都府県の計25医療施設で治療を受けている、軽いアルツハイマー病を抱えた60~85歳の男女計98人を対象に臨床試験を実施。半数の患者には毎日、ホタテから抽出したプラズマローゲンを混ぜたゼリーを半年間食べてもらった。

 30点満点の記憶力テストでは、臨床試験開始前と比べて平均点が2.2点上昇。ゼリーを食べなかった患者らの平均点は0.4点増だった。

 プラズマローゲンは、人間をはじめさまざまな生物の体内でつくられているが、患者の血中では健常者よりも量が少ない。マウス実験では症状の改善効果が確認できており、サプリメントも市販されている。

 藤野武彦・九大名誉教授(健康科学)は「今後、プラズマローゲンが症状を改善する仕組みを解明したい」としている。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

プラズマローゲン臨床試験九州大学藤野武彦

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:01
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:02
6:01
関西 6:05
6:01
中国 7:01
7:00
四国 7:01
7:00
九州
沖縄
10:33
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報