/

この記事は会員限定です

図書館は出版社の敵? 売り上げ悪影響を危惧

[有料会員限定]

公立図書館が新刊本を貸し出すことの是非が改めて議論になっている。出版不況に苦しむ出版社や作家側には「売り上げに悪影響が出る」との懸念があり、一部の社は図書館側に貸し出し開始を遅らせるよう求める構え。一方の図書館側は「貸し出しが販売部数に響いているかは不明確だ」と戸惑いをみせる。有識者からは「関係者全体で建設的な議論をすべきだ」との声も出ている。

11月の休日、東京都内の公立図書館。多くの人でにぎわ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1116文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン