/

日本国際賞に海外3氏 ゲノム編集や暗号研究

国際科学技術財団は2日、優れた科学技術業績を表彰する2017年の「日本国際賞」を、遺伝子を切り張りする新しい技術「ゲノム編集」を開発した米国とドイツの女性研究者ら海外の3氏に贈ると発表した。

「生命科学」分野の受賞者は、ゲノム編集を開発した米カリフォルニア大学のジェニファー・ダウドナ教授(52)と独マックスプランク感染生物学研究所のエマニュエル・シャルパンティエ所長(48)。

2人は「クリスパー・キャス」と呼ぶゲノム編集の方法を12年に開発。遺伝子を操作する従来技術より使いやすく効率も高いため、植物の品種改良や遺伝子治療など幅広い分野で使われている。

「エレクトロニクス、情報、通信」分野では暗号研究で先導的な役割を果たしたイスラエル・ワイツマン科学研究所のアディ・シャミア教授(64)を選んだ。インターネットでクレジットカードを使い買い物ができるようにした「RSA暗号」を1977年に開発した。

4月19日に国立劇場(東京・千代田)で授賞式を開く。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン