2019年2月18日(月)

データ改ざん常態化か 旭化成建材、10人以上関与の疑い

2015/11/3 2:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

旭化成建材(東京・千代田)が過去10年間に施工した杭(くい)打ち工事のうち、約1割にあたる300件前後でデータ改ざんの疑いがあることが分かり、同社への不信感が高まった。関与した担当者は10人以上とみられ、改ざんが常態化していたとの批判は避けられない。問題は同社だけにとどまらないとの指摘もあり、国土交通省は他社が施工した分の調査も検討している。

旭化成建材が過去10年間に施工した杭打ち工事は和歌山…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報