2019年1月19日(土)

「305億円運動公園」に反対80% 茨城・つくばで住民投票

2015/8/3付
保存
共有
印刷
その他

茨城県つくば市で2日、総事業費305億円を掛けて市が計画する総合運動公園整備の是非を問う住民投票が実施された。即日開票され、賛成1万5101票、反対6万3482票で、反対が有効投票の80.78%を占めて賛成を大差で上回った。市選挙管理委員会によると、投票率は47.30%。

投票結果に法的拘束力はないが、市原健一市長は2日夜「白紙撤回も含めて検討したい」と述べた。反対派の市民グループは「住民参加の下で根本から計画を検討し直すこと」を強く求めた。

市は2月、公園整備の基本計画を策定した。事業開始から10年間で11のスポーツ施設を建てる予定で、市は財源について、補助金140億円を国に求め、工事の進展に合わせて地方債148億円を借り入れて30年間で返済すると説明。残りは市の一般財源などで補うとした。

これに対し、市民グループが「700億円前後の財政規模の市には巨額過ぎる」と訴えて署名集めを始め、5月に住民投票条例が可決された。条例は市長と市議会が結果を尊重するよう定めている。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報