/

杉本苑子さんが死去 作家、「孤愁の岸」

批評性と物語性を併せ持つ歴史小説で知られる作家で、文化勲章受章者の杉本苑子(すぎもと・そのこ)さんが5月31日、老衰のため死去した。91歳だった。連絡先は静岡県熱海市秘書広報課。お別れの会を行うが日取りなどは未定。

東京都生まれ。吉川英治に師事した。1963年、江戸中期に木曽三川の治水工事を手掛けた薩摩藩士の苦衷を描いた「孤愁の岸」で直木賞を受賞、作家としての地位を確立した。

歴史に関する深い造詣を背景に、古代から近代まで幅広い時代を取り上げ、時の流れに翻弄(ほんろう)される人物が登場する小説を発表した。

江戸時代の戯作者を描いた「滝沢馬琴」で師の名前を冠した吉川英治文学賞を受賞した。ほかの作品に、奈良時代の長屋王事件から大仏開眼までを描いた「穢土荘厳(えどしょうごん)」などがある。国語審議会委員、日本女流文学者会会長などを歴任。2002年に文化勲章を受章した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン