/

図書館電子本、導入わずか4% 「普及のペース遅い」

主に地方自治体が設けている公共図書館で、電子書籍の導入が進んでいない。東京都千代田区立図書館が国内で最初に閲覧サービスを始めてから今年で10年になるが、全国での導入率は4%にとどまるとの調査結果もある。図書館に足を運ばなくても閲覧できる電子書籍の利便性が、生かされていないのが現状だ。

千代田区立図書館の場合、事前登録すると、インターネットを通じスマートフォンなどで一度に5冊まで読める。端末には一時的な保存しかできず、期限の2週間を過ぎると閲覧できなくなる。

電子出版制作・流通協議会の調査では、全国にある公共図書館の中央館1352館のうち、昨年10月時点で閲覧サービスの実施を確認できたのは4%の53館。回答率は40%程度だったため実際はもっと多い可能性があるものの、協議会は「前年からの伸びが小さく、普及のペースは遅い」と指摘する。

導入が進まない理由は「価格が高い」との回答が最多だった。自治体の財政難で予算の制約が強いとみられるが、調査に携わった植村八潮専修大教授は「米国ではほとんどの公共図書館が電子書籍の閲覧サービスをしている。日本でも情報化時代に合わせた対応を期待したい」と話している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン