/

「若冲展」入場者数10万人突破

東京都美術館(東京・上野)で開催中の「生誕300年記念 若冲展」(日本経済新聞社など主催)の入場者数が2日、10万人を超えた。10万人目となったのは東京都小金井市の内山雄二さん(68)。内山さんには東京都美術館の真室佳武館長から展覧会図録が贈られた。同展は国内外で人気の高い江戸時代の絵師・伊藤若冲の初期から晩年までの代表作約80点を紹介する過去最大規模の回顧展。今月24日まで開催、9日のみ休み。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン