/

この記事は会員限定です

テロ対策、五輪も視野 三重・愛知に2万人の警官

[有料会員限定]

主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)は世界のリーダーが一堂に会する国際舞台。国際的なテロが相次ぐ中、日本の警察当局の緊張感は強い。

三重県と、首脳が到着する中部国際空港がある愛知県では、全国からの応援を含め2万人を超える警察官が警備にあたる。東京や大阪でも警視庁や大阪府警が厳戒態勢をしく。

テロに備え、サミット開催国は総力を挙げて警備を強化する。2005年のグレンイーグルズ・サミットの際は、ロンドン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り487文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン