凍結卵子で健康女性が出産 大阪の40代、国内で初か

2016/2/2 12:41
保存
共有
印刷
その他

将来の出産に備え、独身だった41歳の時に卵子を凍結保存した大阪府の女性(44)が昨年、その卵子で女児を出産したことが2日分かった。凍結卵子の体外受精を行った大阪市西成区のクリニック、オーク住吉産婦人科が明らかにした。医学的な理由ではなく、仕事など社会的な理由で卵子を凍結して妊娠と出産をしたケースが公になったのは国内初とみられる。

オーク住吉産婦人科によると、女性は2012年から数回にわたり卵子を凍結。健康状態に問題はなかったが、「結婚の予定はないが、いつか子供を持ちたい」と希望したという。健康保険は適用されず、1回の採卵に数十万円、総額数百万円の費用がかかった。

その後、夫(42)と結婚し、卵子を解凍して精子を注入する顕微授精(体外受精)を実施。昨夏に女児が生まれた。

同クリニックでは10年から健康な女性の卵子凍結を開始し、昨年末までに229人の卵子を凍結保存した。このうち17人が体外受精をし、この女性のみが出産に至った。「他院での同様のケースは聞いたことがない」(同クリニック)という。

卵子の凍結保存は、がん治療などで卵巣の機能低下が見込まれる女性が行っている。健康な女性の利用を巡っては、日本産科婦人科学会が昨年6月、「推奨しない」とする文書をまとめた。卵子採取時に出血などのリスクがあるほか受精卵や胎児への影響も不明で、将来の妊娠や出産を保証できないことを理由とに挙げた。また、日本生殖医学会は13年、高齢出産などのリスクから40歳以上の採卵は「推奨できない」とした。

晩婚化などを背景に卵子の凍結保存への関心が高まっている一方、「出産の先送りにつながりかねない」「仕事との両立支援など社会的な対応が重要」との声もあり、医療関係者の間でも賛否が分かれている。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]