/

この記事は会員限定です

MRIやCT数世界一 医療機器にもコストの意識

「削りしろ」探せ(2)

[有料会員限定]

「コスト・エフェクティブ」(費用対効果がいい)。1月、東邦大学医療センター大橋病院(東京・目黒)を訪れた心臓外科の権威、米クリーブランド・クリニックのヨスタ・パターソン医師の口から称賛の言葉が漏れた。

術式変え節約

パターソン医師をうならせたのは、尾崎重之教授の手による大動脈弁再建手術だ。心臓にある大動脈弁を人工弁に置き換える代わりに、患者自身の心膜を使う。1つ約100万円の人工弁が不要となる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り965文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン