日本の輸入、動植物に打撃 食物・木材生産が影響 信州大分析

2017/2/2 12:38
保存
共有
印刷
その他

1杯のコーヒーがアフリカのヒョウを絶滅の危機に追いやるかもしれない――。日本人が消費する食べ物や木材などの生産に伴い、世界各地で希少な動植物が減少しているとの分析結果を、信州大の金本圭一朗講師(環境経済学)らが2日までにまとめた。日本の輸入は792の絶滅危惧種に影響を及ぼしていた。

国際自然保護連合(IUCN)などのデータを使い、約7千の絶滅危惧種を調べた。特定の消費活動が及ぼす影響の"足跡"をたどる「生物多様性フットプリント」と呼ばれる手法だ。

毎日の暮らしに必要な商品を他の国から輸入することは避けられないが、金本さんは「生態系影響がより少ないものを選ぶことで、生態系の保全につなげることができる」と話す。

日本の消費による影響が特に大きいのは東南アジアやオセアニアだ。マレーシアでは森林伐採などでカラフトワシやマレーグマのすみかが縮小。魚や甲殻類の産地パプアニューギニア近海では、混獲でサメの一種ツマジロやアオウミガメの生息数が減少していた。

アフリカのエチオピア産のコーヒーやゴマは日本に多く輸入されているが、農地の開発でヒョウやアフリカゾウの生息地が圧迫されていた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]