/

スルメイカ初水揚げ 函館、豊漁へ期待込め

北海道函館市の近海でスルメイカ漁が解禁され、2日早朝、約1.1トンが初水揚げされた。例年より少なめ。市水産物地方卸売市場での初競りでは、いけす用イカが1キロ7千円の高値で取引された。昨季は記録的な不漁に見舞われ、漁業関係者からは「今年こそ」と豊漁を願う声が上がった。

解禁は1日。松前町沖に出漁した10隻が2日午前3時半ごろ、続々と函館漁港に戻った。船のいけすからすくい上げられたイカは「キュッキュッ」と鳴きながら勢いよく水しぶきをあげた。

昨年の函館市での漁獲量は約8千トンで、10年前の5分の1まで落ち込んだ。漁師の佐藤豊次さん(67)は「昨年より量が多そうで安心した。冬まで安定して取れるといい」と期待を込めた。

初物を競り落とした地元の鮮魚仲卸業「二階商店」の二階隆博社長(64)は「イカが揚がると函館の街が活気づく。高値でもいいから今日は絶対に仕入れたかった」とほっとした様子だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません