/

山で遭難、5人死亡 1人心肺停止・1人意識不明

(更新)

富士山や埼玉・秩父、南アルプスなど各地の山で大みそかから2日にかけて登山者の遭難などが相次ぎ、5人が死亡、1人が心肺停止、1人が意識不明の重体となった。

1日午後1時半ごろ、富士山の山梨県側8合目付近で、神奈川県海老名市の会社員、水谷忠英さん(37)が滑落、約3時間後に6合目付近で山梨県警に救助されたが死亡した。6合目付近では2日午前10時ごろ、別の男性1人も心肺停止状態で見つかり県警が身元確認を進めている。

水谷さんの滑落を目撃、通報した神奈川県大和市の団体職員、藤沢敏也さん(45)も遭難、山梨、静岡両県警に2日救助された。左脚打撲の軽傷を負った。

長野、山梨両県にまたがる南アルプス駒ケ岳の山頂付近では2日午後2時50分ごろ、滑落したとみられるさいたま市北区の会社員、麻生裕一さん(38)を山梨県警のヘリコプターが発見。麻生さんは病院に収容されたが、死亡が確認された。

長野県白馬村でも2日、スキーをしていた白馬村の自営業、丹後智宏さん(28)が雪崩に巻き込まれ、意識不明の重体。大町署によると、丹後さんは知人と3人で「白馬八方尾根スキー場」のコースから外れてスキーをしていた。一緒にいた2人にけがはなかった。

埼玉県秩父市の雁坂峠付近では1日午前7時50分ごろ、東京都世田谷区のパート、臼井貞文さん(37)が滑落したと通報があった。埼玉県警が約2時間半後、登山道から約200メートルの崖下で臼井さんと、救助に向かった東京都国立市の公務員、後藤主昇さん(51)が倒れているのを発見。2人は病院に運ばれたが、死亡が確認された。

昨年12月31日には、南アルプスの北岳(山梨県)で東京都江東区の中嶋稔さん(59)が滑落、死亡。北アルプスの槍ケ岳の山頂付近でも3人が滑落し、軽傷の2人が岐阜県警に救助された。1人はけががなく自力で下山した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン