/

クロアシアホウドリ繁殖、樋口氏「環境保全に関心を」

(更新)

国の特別天然記念物で絶滅危惧種のアホウドリの近縁種クロアシアホウドリが、東京・八丈島近くの八丈小島で繁殖に成功したことを樋口広芳東大名誉教授らの研究グループが確認し、2日に発表した。繁殖する地域が重なる傾向にあるアホウドリの新繁殖地となることが期待されるという。

樋口名誉教授は「繁殖の確認で、八丈小島は世界最北端のクロアシアホウドリの繁殖地となった。今後の環境保全の進め方に関心を持ってもらいたい」と話した。

研究グループによると、無人島の八丈小島で今年1~2月、8組のつがいが産卵した卵の一部がふ化。4月末時点で、2羽のひなが成長している。八丈小島では2013年以降に渡来や産卵が確認されていたが、ひなの成長は確認されていなかった。

アホウドリの主な繁殖地の伊豆諸島・鳥島は、活火山の噴火によって絶滅の可能性が指摘されている。研究グループは「将来、八丈小島でアホウドリも繁殖するのではないか。カラスなどの捕食対策が重要になる」としている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン