滑り台の下にくぎ100本以上 北海道の公園

2016/4/2 13:31
保存
共有
印刷
その他

北海道釧路市旭町の旭町公園で、滑り台を滑って着地する場所に、百数十本のくぎ(長さ7~8センチ)が落ちていたことが2日までに分かった。近くの男性(71)が1日に見つけ、110番した。けが人はなかった。釧路署は何者かが故意にまいた疑いがあるとみて調べている。

同署によると、男性は孫と遊びに来ていた。市の委託団体が週1回公園を巡回しているが、くぎがいつからあったかは分からないという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]