年金機構の125万件情報流出 職員、ウイルスメール開封

2015/6/1付
保存
共有
印刷
その他

日本年金機構は1日、年金情報を管理するシステムに職員の端末を通じて外部から不正アクセスがあり、個人情報約125万件が外部に流出したとみられると発表した。情報には基礎年金番号や氏名が含まれ、うち約5万2千件には生年月日や住所も含まれていた。職員がウイルスの組み込まれた電子メールの添付ファイルを誤って開封し、不正アクセスされたと想定されるという。

同日記者会見した水島藤一郎理事長は「深くおわびする。…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]