/

がん対策加速へプラン 厚労省、年内に策定

塩崎恭久厚生労働相は1日、がん克服のための取り組みを強化する「がん対策加速化プラン」を年内に策定する考えを示した。医療関係者や患者団体など約300人が参加し、東京都内で初めて開かれた「がんサミット」で明らかにした。

同プランは(1)受動喫煙防止や早期発見などの予防対策(2)小児がんなどの治療と研究(3)患者の就労支援――が柱。厚労省は年内にも詳細な計画を作成する。

国は2015年までの10年間で75歳未満のがんによる死亡率を20%減らす目標を設定しているが、達成は難しい状況だ。

「サミット」では国内の現状やがんとの共生のあり方など多岐にわたって議論。日本対がん協会の垣添忠生会長は「がんになっても安心して働ける社会の実現など課題も多く、引き続き国と連携し対策を進めたい」と話した。国立がん研究センターの堀田知光理事長は「がんで3人に1人が亡くなる時代。対策や研究をよりきめ細かく進める必要がある」と訴えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン