/

北海道・胆振で震度5弱 津波なし

(更新)

1日午後11時45分ごろ、北海道胆振地方で最大震度5弱を観測する地震が発生した。気象庁によると、震源は同地方中東部で、震源の深さは約27キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は5.1と推定される。津波はなかった。

北海道苫小牧市消防本部によると、同市にある自宅の階段で転倒した女性(68)が頭や顔に軽いけがをして病院に運ばれた。

北海道電力によると、泊原発(泊村)に異常はなかった。

2日未明に記者会見した気象庁の松森敏幸・地震津波監視課長は「今後1週間程度は震度5弱程度の地震が起きる可能性がある」として、引き続き注意するよう呼びかけた。

各地の主な震度は次の通り。震度5弱=北海道安平町▽震度4=札幌市白石区、同市南区、北海道千歳市、厚真町、むかわ町

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン