/

北京、屋内全面禁煙に 「喫煙天国」で条例施行

【北京=共同】中国・北京市は1日から職場など屋内での喫煙を全面的に禁止する世界的にも厳しい禁煙条例を施行した。2022年冬季五輪招致の成功に向け、喫煙大国の首都のイメージ改善を目指す。

北京五輪のメーン会場に掲げられた巨大な禁煙マーク(5月31日)=共同

「北京市喫煙管理条例」は、空港や駅など公共の場所やオフィスビル、飲食店など「屋根のある場所」での喫煙を禁止。屋外でも指定場所以外の喫煙は認めない。

中国メディアによると、個人の違反者には最高200元(約4千円)、会社や飲食店などが違法に喫煙場所を設置した場合、最高3万元の罰金を科す。学校周辺100メートル以内のたばこの販売を禁止、待ち合わせの列などでの喫煙も禁じる。

中国は世界最大のたばこの生産国、消費国で、成人の3割近くにあたる約3億人が喫煙。毎年100万人超が喫煙関連の疾病で死亡し受動喫煙者も7億人を超える。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン