/

児童ポルノ単純所持容疑 初摘発、男を書類送検

性的好奇心を満たすために児童の全裸画像を所持したとして、沖縄県警は2日までに、那覇市の無職の男(21)を児童買春・ポルノ禁止法違反の「単純所持」の疑いで書類送検した。警察庁によると、児童ポルノの単純所持容疑が罰則の適用対象になったのは7月15日からで、摘発は全国初。

送検容疑は8月2日、インターネットで集めた5~11歳の女児の全裸写真10点をスマートフォン(スマホ)に保存していた疑い。

県警によると、1日に那覇市内のプールの利用者が「子供の写真を撮る男がいる」と110番。駆けつけた警察官が男のスマホを調べ、画像を確認した。男は調べに「児童の裸に興味があった」と供述したという。

日本は先進7カ国(G7)の中で唯一、単純所持が黙認されていたが、国内外からの批判を受けて昨年6月に法改正した。個人の趣味で18歳未満の児童のポルノを所持した場合でも、1年以下の懲役または100万円以下の罰金を科せるようになった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン