2019年2月19日(火)

事件被害者の情報記載した資料紛失 千葉県警

2017/2/2 13:06
保存
共有
印刷
その他

千葉県警千葉北署は2日までに、男性警部補(30)が1月下旬、事件の被害者や関係者ら33人分の氏名や住所などが記載された捜査資料25枚を紛失したと明らかにした。同署によると、個人情報が悪用された形跡はない。

資料には被害者や関係者の氏名、住所、職業、生年月日などの個人情報のほか、捜査に関する写真や地図も含まれている。同署は「捜査中のため事件の詳細は明らかにできない」としている。

署に対する警部補の説明によると、1月28日午前9時半ごろ、A4サイズのバインダーに挟まれた資料を署から持ち出し、捜査車両の中に置いた。同僚の署員とこの車で千葉市内を移動し、同午後0時半ごろ署に戻ると、見当たらなくなっていたという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報