/

岩手で依然1100人孤立 施設の9人溺死と判明

死者11人を出した台風10号による豪雨被害で、岩手県岩泉町の高齢者グループホームで見つかった男女9人の死因は溺死だったことが1日、捜査関係者への取材で分かった。岩手県では河川の氾濫や土砂崩れにより道路が寸断され、集落が各地で孤立した。県などは復旧を急いだものの、孤立者は岩泉町など3市町で依然として1100人に上った。

9遺体は岩泉町内の施設に収容され、身元確認や検視が行われた。

県は1日、9遺体とは別に岩泉町の川岸で見つかった遺体の身元を町内の岩舘五郎さん(76)と公表した。県警は、なお同町で3人が行方不明とみて捜索を続けた。岩泉町は町内の17人と連絡が取れず、安否不明と明らかにした。県警が行方不明とする3人との関連は不明だ。

岩泉町と久慈市では引き続き土砂災害の恐れがあるとして計1万5780世帯・3万6582人に避難勧告が出ている。

宮古市の山あいにある蟇目(ひきめ)地区では、海上保安庁のヘリコプターが孤立住民13人を市内の施設に搬送した。

県によると、住宅の被害は床上浸水116戸、床下浸水95戸、暴風による損壊36戸。被害が大きい地域まではまとめきれておらず、戸数は増える可能性がある。

務台俊介内閣政務官を団長とする政府調査団が1日現地入りし、岩泉町と久慈市の被災状況を確認した。

北海道でも行方不明者3人の捜索が続いた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン