/

リハビリ効果、やる気次第 生理研など サル実験で脳の部位確認

自然科学研究機構・生理学研究所の西村幸男准教授と京都大学などは、脊髄損傷でまひした手足の機能の回復に重要な役目を果たす脳の部位をサルの実験で突き止めた。やる気などに関係する「側坐核(そくざかく)」が活発に働いていた。意欲のある人の方がリハビリ効果は高いとされるが、科学的には証明されていなかった。

2日付の米科学誌「サイエンス」電子版に掲載された。

研究チームは脊髄を損傷したニホンザル4頭を使い、エサを指でつかんで食べさせる実験を実施した。最初は指が動かずエサをうまくつかめなかったが、何度もくり返すと1カ月ほどで器用に食べられるようになった。この間の脳の活動を調べると、手の動きをつかさどる運動野という部位と、側坐核が活発に働いた。

手の動きが回復し始めたサルに側坐核の働きを抑える薬を注射したところ、運動野の活動が低下して器用に手を動かせなくなった。完全に回復した後に同じ実験をすると、手をうまく使ってエサを食べられた。

研究チームは患者の意欲を高めると、リハビリ効果を高めて運動機能が回復しやすいとみている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン