/

「エアバッグで圧死」3歳児死亡事故、運転の母親に有罪判決

大阪市東住吉区で2月、軽自動車で電柱に衝突し、助手席に座っていた次女(当時3)を死亡させたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死)罪などに問われた母親(30)の判決公判が1日、大阪地裁であった。本村暁宏裁判官は、事故で作動したエアバッグの圧迫で次女が死亡したと認定。母親に懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。

判決理由で本村裁判官は「脇見をせず、前方左右を注視していたら容易に避けられた事故だった」と指摘。次女を後部座席に設置されたチャイルドシートではなく、助手席に乗せたのは「配慮を欠く行動」と非難した。

判決によると、母親は2月17日、同市東住吉区の路上で足元の携帯電話を拾おうと脇見運転して電柱に衝突し、次女を死亡させるなどした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン