2019年3月20日(水)

厚木基地で米軍が艦載機訓練 周辺自治体、中止を要請

2017/9/2 1:11
保存
共有
印刷
その他

米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)に配備されている原子力空母ロナルド・レーガンの艦載機が1日、同県の厚木基地で滑走路を甲板に見立てて行う陸上空母離着陸訓練(FCLP)を始めた。県や防衛省が明らかにした。県や基地周辺自治体は同日、米側に訓練中止を要請した。

県や防衛省によると、米海軍は「台風接近により洋上で訓練できないため」と説明。厚木基地でのFCLPは2012年5月以来。在日米海軍司令部によると、東京・小笠原の硫黄島が使えず、厚木基地で実施することになった。

黒岩祐治知事は1日、基地周辺自治体の首長らと厚木基地を訪問し、司令官に「騒音被害に苦しめられている住民に耐え難い苦痛を与える。訓練を直ちに中止するよう強く求める」と訴えた。小野寺五典防衛相もハガティ駐日米大使との会談で中止を要請した。

防衛省などによると、訓練は6日まで。3日は実施しない予定だが変更の可能性があるという。

一瞬だけ着地してすぐに離陸する「タッチ・アンド・ゴー」を繰り返す見通しで、在日米海軍司令部の担当者は「騒音被害を最小限に抑えるよう努力する」としている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報