2019年8月23日(金)

偽造C型肝炎薬、「現金問屋」介し流通 身元確認せず

2017/2/2 1:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

C型肝炎の治療に使う高額薬「ハーボニー配合錠」の偽造品問題で、厚生労働省は1日、最初に持ち込まれた卸売業者から薬局チェーンに渡るまでの流通ルートがほぼ判明したと発表した。製薬会社が指定した正規の卸売業者ではなく、「現金問屋」と呼ばれる卸売業者を経由。業者は持ち込んだ人物の確認もしていなかった。

厚労省は同日、偽造品が最初に持ち込まれた卸売業者とは別の都内の同業者から新たに偽造品が入ったボトル1本…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。