/

この記事は会員限定です

偽造C型肝炎薬、「現金問屋」介し流通 身元確認せず

[有料会員限定]

C型肝炎の治療に使う高額薬「ハーボニー配合錠」の偽造品問題で、厚生労働省は1日、最初に持ち込まれた卸売業者から薬局チェーンに渡るまでの流通ルートがほぼ判明したと発表した。製薬会社が指定した正規の卸売業者ではなく、「現金問屋」と呼ばれる卸売業者を経由。業者は持ち込んだ人物の確認もしていなかった。

厚労省は同日、偽造品が最初に持ち込まれた卸売業者とは別の都内の同業者から新たに偽造品が入ったボトル1本が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り876文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン