LGBT8%、20~59歳調査 9万人対象

2016/6/5 21:13
保存
共有
印刷
その他

博報堂DYホールディングスは5日までに、同性愛者や生まれつきの性別に違和感を持つトランスジェンダーなど性的少数者(LGBT)かどうかを全国の約9万人(20~59歳)にインターネットを通じて尋ねたところ、LGBTが8%に上ったと明らかにした。

9万人のうち約千人には具体的な意識調査も実施。「LGBTという言葉を知っていたか」という質問には、当事者以外でも53%が「知っていた」と回答。うち33%は言葉の意味も理解していると答えた。

職場や学校でのLGBTへの理解や配慮の重要性については、当事者の52%、非当事者の43%が「重要だ」と回答した。

調査は企業の理解促進やマーケティング支援を目的に5月、社内に設立されたLGBT総合研究所が実施。担当者は「8%が多く見えるとすれば、日本でまだ理解が進まないために、当事者がカミングアウトできていないということだ」と話す。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]