2017年12月15日(金)

イオンモール、象牙販売禁止へ 印章、2020年から

2017/9/2 12:12
保存
共有
印刷
その他

 流通大手イオンが、全国で展開するショッピングセンター「イオンモール」での象牙製品の販売を2020年から禁止する方針を固めたことが2日までに、同社への取材で分かった。

 イオン直営店では15年6月に販売を禁止している。全国に約180あるイオンモール内の印章店での禁止も求め、店側と交渉を進めていた。合意を得られる見通しが付いたという。

 密猟によるアフリカゾウ絶滅の懸念から、ワシントン条約締約国会議は各国に国内市場の閉鎖を求める決議を採択し、米国や中国などが閉鎖する中、日本政府は「日本国内の取引は密猟と関係がない」として容認。しかし、インターネット通販大手の楽天も7月に出品禁止とするなど、民間で国内取引禁止の動きが加速している。

 イオンの金丸治子グループ環境・社会貢献部長は「国内市場閉鎖の世界的な動きが広がっている。自然の恵みを受ける事業者として、同じ方向を目指している」と理由を説明する。

 アフリカゾウは密猟で絶滅が懸念されたため、象牙は1990年以降、国際取引が原則禁止になった。だが近年も密猟が続いており、条約締約国会議は昨年、各国に国内市場の閉鎖を求める決議を採択した。米国などは既に取引を禁止し、中国も年末までに禁止する。一方、日本は決議の対象外だと主張し、6月に種の保存法を改正。罰則を強化するなど規制を強化したが、取引は容認している。

 楽天は7月1日付で規約を変更し、通販サイト「楽天市場」などで象牙製品の出品禁止を決めた。理由は「国際世論の高まり」などと説明していた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報