百田氏書籍、発行元に再び賠償命令 たかじんさん闘病描く

2017/2/2 12:26
保存
共有
印刷
その他

タレントの故やしきたかじんさんの闘病生活を描いた作家の百田尚樹氏の書籍「殉愛」を巡り、やしきさんの長女が発行元の幻冬舎(東京)に損害賠償などを求めた訴訟で、東京高裁は2日までに、一審東京地裁判決に続き一部の記載にプライバシー侵害と名誉毀損を認め、365万円の支払いを命じる判決を言い渡した。判決は1日付。

安浪亮介裁判長は一審がプライバシー侵害を認めなかった記載についても侵害に当たる部分があると判断、賠償額を一審から35万円増やした。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]