/

経産省補助の書籍電子化、5200冊が未配信 復興予算を利用

復興予算を利用した経済産業省の補助事業で電子化された書籍約6万5千冊の一部が、実際には配信できない状態だった問題で、日本出版インフラセンター(東京)は1日、未配信の電子書籍が約5200冊だったとの調査結果を発表した。

会計検査院が10月、約2400冊が未配信で、うち約1700冊は配信できない状態と指摘。補助金を受けて事業を実施したセンターが、書籍を管理する出版社に問い合わせ、全体の配信状況を調べていた。

センターによると、事業で電子化した書籍のうち5万9660冊は配信されていたが、5173冊は未配信。理由を出版社に複数回答で尋ねたところ、著作権者や配信事業者との調整ができていないケースが多かった。

配信の準備は終わったが、書籍のアニメ化に合わせて配信する予定などの事情で未配信のものも約1800冊あった。出版社が現時点で配信を断念したものは225冊だった。センターは今後も配信を出版社に働き掛けたいとしている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン