ビットコイン、安全対策追いつかず

2015/8/2付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ビットコインの利用者は世界中で増え続けている。一方で取引所がサイバー攻撃を受けてコインが消えたり、資金洗浄(マネーロンダリング)に悪用されたりする例も相次いでいる。捜査関係者は「取引の安全性を確保する仕組みが普及に追いついていない」と指摘する。

ビットコインは「サトシ・ナカモト」と名乗る人物による論文をきっかけに、2009年に取引が始まった。国や中央銀行のような管理者はおらず、利用者がネット上で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]