/

この記事は会員限定です

金塊取引に絡む強奪多発 福岡・銀座…現金決済が標的に

[有料会員限定]

金塊の取引に絡んだ強奪事件が多発している。福岡市内では4月、金塊の購入用に引き出した現金3億8千万円が強奪されたほか、東京・銀座でも売却直後の現金が奪われる事件が発生した。この15年で金価格が3.5倍に上昇。高値安定で取引が活発になる中、現金決済が原則という商慣行と、取引が集中する日が特定されやすい点が狙われた可能性がある。警察は警戒を強めている。

3月2日午後、リュックを背負った男性(69)が都...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り941文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン