/

希少ウサギ、野良猫が捕食 鹿児島・徳之島で写真撮影

環境省徳之島自然保護官事務所は1日、鹿児島県・徳之島に生息する国の特別天然記念物アマミノクロウサギを、野生化した野良猫が捕食する様子を撮影したと発表した。同島は世界自然遺産への推薦が決まった「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」の一部。同事務所は「希少種の生息が推薦理由になっている」として猫を捕獲するわなを増やすなど対策を講じている。

写真は、同事務所が徳之島の山林に設置した自動撮影カメラで1月18日夜に撮影された。ウサギをくわえた猫の姿が確認できる。

アマミノクロウサギは短い耳が特徴で、徳之島と奄美大島(鹿児島県)に生息。しかし室内飼いを徹底されていない猫や捨てられた猫が野生化し、捕食被害が深刻化している。奄美大島では2008年に同様の写真が撮影された。

環境省と徳之島の3町は14年から、野生化した猫を捕獲し不妊去勢する対策を進めている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン