/

この記事は会員限定です

リスク熟知、機長に何が 調布・小型機墜落1週間

[有料会員限定]

東京都調布市で小型プロペラ機が住宅街に墜落し8人が死傷した事故で、死亡した川村泰史機長(36)はパイロット仲間から「安全意識が高い」とみられていた。エンジン出力が落ちる猛暑のなか、なぜ限界ぎりぎりの重量で飛行したのか――。仲間らは首をかしげる。2日で発生から1週間。専門家はいくつかの要因が複合した可能性を指摘するが、全容解明の壁は高い。

事故を起こしたのは米パイパー社製の単発プロペラ機「PA-46...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り792文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン