「爆弾低気圧」2日にかけ影響、暴風など警戒呼び掛け 気象庁

2015/10/1付
保存
共有
印刷
その他

気象庁は1日、急速に発達する「爆弾低気圧」の影響で西日本から北日本の広い範囲で2日にかけて非常に強い風が吹くとし、暴風や高波に警戒するよう求めた。関東地方では2日朝に最大風速20メートル程度の風となり、同庁は「交通機関の乱れや、風に物が飛ばされる被害に注意してほしい」と呼びかけた。

気象庁によると、低気圧は日本海を北上し、2日にサハリン付近に進む見通し。低気圧が接近する北海道は特に風が激しく、2日を中心に台風並みの猛烈なしけが予想される。

2日にかけての最大風速は北海道が30メートル(最大瞬間風速45メートル)、東北と北陸が25メートル(同35メートル)、近畿が23メートル(同35メートル)、関東や東海などが20メートル(同30メートル)。

低気圧に伴って前線が通過して広い範囲で大気の状態が不安定となり、局地的に1時間の降水量が50ミリ以上の非常に激しい雨の恐れもある。

低気圧の中心気圧は、2日午前9時までの24時間で996ヘクトパスカルから948ヘクトパスカル程度まで急速に発達する見込み。24時間で40ヘクトパスカル以上発達したケースは1955年以降、8例しかない。気象庁は「急発達しながら通過するため、突然強い風が吹き出す恐れがある」としている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]