2019年2月21日(木)

「やめよう歩きスマホ」 鉄道各社がキャンペーン

2016/11/4 12:27
保存
共有
印刷
その他

全国の鉄道各社と携帯大手3社などが、ホームなど駅構内でスマートフォン(スマホ)や携帯電話を歩きながら使うことをやめるよう呼び掛けるキャンペーンを始めた。線路に転落したり、動いている列車と接触したりする恐れがあり、危険性が高いことを周知する。

1日から開始。駅や列車内に「やめましょう、歩きスマホ。」と英語や中国語、韓国語でも書かれたポスターを30日まで掲示する。昨年はJR東日本と携帯大手3社でキャンペーンを実施したが、今回から他の鉄道会社が参加した。

東京・新宿駅の南口改札では1日、JR東の社員らがポケットティッシュを配って注意を呼び掛けた。同社のサービス品質改革部の担当者は「最近はアプリも充実し、スマホ利用が増えている。利用客のトラブルやけがにつながらないよう、注意喚起を進めていきたい」と話した。

JR東によると、2015年度に歩きスマホに関する苦情が約200件寄せられ、14年度の約2倍に増えた。うち60件は「実際にぶつかった」「ぶつかりそうになった」など、危険性を訴える内容だった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報