/

菅原文太さんが死去 俳優、「仁義なき戦い」

映画「仁義なき戦い」「トラック野郎」シリーズなどの豪快で型破りな演技で知られる、俳優の菅原文太(すがわら・ぶんた)さんが11月28日午前3時、肝不全のため東京都内の病院で死去した。81歳だった。告別式は近親者のみで行った。喪主は妻、文子さん。晩年は農業に取り組み、新しい生き方を示した。

宮城県出身。早稲田大中退後、ファッションモデルなどを経て1958年に「白線秘密地帯」で本格的に俳優としてデビューした。

73年から続いた深作欣二監督の人気シリーズ「仁義なき戦い」では、戦後の混乱期を生き抜く広島やくざを荒々しい演技で好演。俳優としての魅力を開花させ、一躍トップスターとなった。

75年からの「トラック野郎」シリーズでは一転して喜劇的な役回りを熱演。ネオンで飾られた派手な長距離トラックを運転して繰り広げる人情劇が受け、10回続くヒット作に。2つのシリーズが菅原さんの人気を不動のものにした。

NHK大河ドラマ「獅子の時代」に主演。「徳川慶喜」「利家とまつ」でも個性的な役を演じた。このほか、宮崎駿監督のアニメ「千と千尋の神隠し」に釜爺(かまじい)の声で出演した。

98年に岐阜県に移住し、野菜作りを始めた。2007年にぼうこうがんを発症したが、治療で回復。その後、山梨県に拠点を移し、農業生産法人を立ち上げて代表に就任。同県が農業の担い手を呼び込むために設けた「農業協力隊」のコーディネーターも務めた。

「農業の基本は土を愛し、土と格闘すること」と話し、農薬や化学肥料に頼らない自然農法を志向。生産した野菜は市場や高級レストランなどに出荷した。講演会などでは里山の自然の大切さなどを訴えていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン