/

被災地でも入社式 「復興に貢献したい」決意新た

東日本大震災の被災地でも1日、役場の辞令交付式や企業の入社式が開かれ、新入社員らは「復興に貢献したい」と決意を新たにした。

東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県富岡町は、仮役場を置く同県郡山市の庁舎で11人に辞令を交付。町のインターンシップへの参加をきっかけに入庁した広島市出身の竹野那緒さん(25)は「町民の方に寄り添える職員になりたい」とあいさつした。

被災路線が昨年4月に全線再開した岩手県の三陸鉄道は宮古市の本社で入社式を開き、2人が辞令を受け取った。現在も運休が続き、三鉄への移管が決まっているJR山田線宮古―釜石間を幼いころから見て育った沼崎龍聖さん(18)は運転士候補生になるといい、「自分のふるさとを走ってみたい」とはにかんだ。

宮城県女川町の老舗かまぼこ店「高政」では、高校を卒業したばかりの社員ら11人が参加。石巻市の阿部真希さん(18)は「震災を経験し、どうしても地元で働きたかった。笑顔と元気を忘れずに仕事をしたい」と語った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン